よくある質問

概要

LINE SMART CITY GovTechプログラムとはなんですか。

💡

本プログラムは、自治体様のLINE公式アカウントに利用者がより便利に使うための機能を実装するための、システムのソースコードを無償で公開する取り組みです。

既にLINE公式アカウントを運用しているのですが、それとの違いや導入することのメリットを教えてください。

💡

本プログラムで公開しているソースコードを用いてシステムを構築し、自治体様のLINE公式アカウントと接続することで、LINE公式アカウントの標準機能では実現できない、セグメント配信やチャットボットなどの様々な機能を利用することができるようになります。

提供機能は自治体様のニーズに沿って、日々追加・改良しています。

LINE株式会社の提供する地方公共団体プランとの違いを教えてください。

💡

LINE株式会社が提供する地方公共団体プランは、一定の条件を満たす地方公共団体のLINE公式アカウントの料金を無償化するものです。 詳しくは、LINE株式会社にお問い合わせください。 また地方公共団体プランを適用したLINE公式アカウントに、本プログラムのソースコードを活用した機能開発することが可能です。

既にLINE公式アカウントを持っている場合は、統一、移行はできますか。

💡

LINE公式アカウントを標準機能のみで運用している場合は、当該アカウント内にLINE SMART CITY GovTechプログラムの機能を導入することができます。 既になんらかのシステム、追加機能を導入している場合は、既存のシステムとの調整が必要となり、調整の結果次第では導入いただけない可能性もございます。既存のシステム事業者もしくはGovTechプログラムを構築可能な開発事業者へご相談ください。

機能について

実装できる機能を教えてください。

💡

自治体様がLINE公式アカウントを活用する上で必要となるであろう機能を一式実装することができます。 最新の機能一式は、下記のページをご参照ください。

機能一覧に記載のない独自機能の導入も可能ですか。

💡

提供するソースコードはオープンソースであるため、取り扱う開発会社が独自機能を追加することが可能です。導入したい機能など、自治体様のご要望を取りまとめて、開発会社にご相談ください。

導入の進め方

導入するためには、どのように進めていけば良いですか。

💡

構築可能な開発事業者へお問い合わせください。 LINE Fukuoka株式会社からご紹介も可能です。

導入する際には、LINE Fukuoka株式会社との契約、取り引きが発生しますか。

💡

LINE Fukuoka株式会社との契約および取引は発生致しません。ソースコードは無償で公開しておりますので、開発事業者と連携の上構築を進めてください。

お問い合わせから導入までどのくらいの期間がかかりますか。

💡

提供機能やコンテンツの量にもよりますので、詳しくは開発事業者へお問い合わせください。

初期のコンテンツ設定を代わりにやってもらうことはできますか。

💡

開発事業者と自治体様との契約次第となります。開発事業者にお問い合わせください。

保守対応はどこまで可能でしょうか?

💡

開発事業者と自治体様との契約次第となります。開発事業者にお問い合わせください。

管理画面を使用する時の、動作保証環境を教えて頂けまでしょうか

💡

最新版のChromeのみとなります。

費用について

活用するときは、LINE Fukuoka株式会社およびLINE株式会社に対価を支払う必要がありますか。

💡

ソースコードを活用することに関して、LINE株式会社およびLINE Fukuoka株式会社への対価の支払いは発生いたしません。ただし、LINE公式アカウント自体の利用料(地方公共団体プラン適用の場合は無料)及び、自治体が環境構築を委託する会社への初期開発及び月額運用費等の支払いが発生いたします。

自治体が負担するランニング費用として月額料金は発生しますか。

💡

開発事業者に対して、サーバー構築および維持、保守のための費用が発生いたします。 詳しくは開発事業者へお問い合わせください。

概算の見積もりが欲しい場合はどうしたらよいですか。

💡

システム構築及び運用にかかる費用は、開発事業者ごとに異なります。 詳しくは開発事業者へお問い合わせください。

月額費用発生はいつから発生しますか。

💡

開発事業者と自治体様との契約次第となります。開発事業者にお問い合わせください。

その他問い合わせは下記フォームにてお受付いたします。

導入済み自治体様、開発事業者様向けに、操作マニュアルもご用意しております。

開発者向けの情報はこちらからご確認ください。