📗

外部Webhook転送

GovTechプログラムと任意のLINE用ChatBotの外部サービスを連携するための機能です。 GovTechプログラムのChatBotと外部サービスのChatBotは併用可能です。併用する場合は、GovTechプログラムのChatBotが優先的に処理されます。

この機能を使用する場合は、連携サービスでLINE Messaging APIのWebhookイベント受信に使用されるWebhook URLをご用意ください。このURL宛にGovTechプログラムからWebhookイベントを転送します。

💡
LINE Messaging API Webhookについては、LINE Messaging APIドキュメント メッセージ(Webhook)を受信する を参照してください

1. 機能概要

image
  • ① LINE DeveloperのMessaging API Webhook はGovTechプログラムが一時受領する
  • ② GovTechプログラムが受け取ったイベントのうち、GovTechプログラムでは応答しないイベントを連携システムに転送
    • 転送するデータは、①で受領したデータ構造をそのまま転送する
  • ③ 連携システムからの返信は、連携システムからユーザーのLINEアカウントへ直接送信
💡
LINE Messaging APIの詳細な転送条件については、GovTechプログラム githubリポジトリの LINE Messaging API転送機能 を参照ください。

2. 設定方法

1. システム設定 > LINE設定

  • システム設定 > LINE設定 をクリックします。
  • image

2. 外部Webhook転送

  • 外部Webhook転送に関連する情報を入力します。
    1. image
    2. 外部Webhook転送
      • 外部Webhook転送機能を利用する場合は「利用する」を選択
    3. 外部Webhook URL
      • 外部Webhookを転送する転送先サーバーのURL
      • 💡
        外部Webhook URLは有効なHTTPS URLを入力してください

3. 設定上の留意点

外部Webhook転送を利用する場合は、以下の点にご留意ください。

💡
外部Webhook転送と、ゴミ分別トークとの併用は非推奨です。 併用する場合は以下を設定するようにしてください - ゴミ分別登録用のCSVから TRASH_NOT_FOUND_DEFAULT_MESSAGE の設定を削除する - ゴミ分別のあいまい検索を「利用しない」に設定する