📗

権限について

LSCにおける権限について説明します。

1. 権限設定

  • LSCにおける権限は、「所属チーム(チーム名 eg 総務課 等): 付与権限(アドミン、メンバー、オペレーター、ゲスト)」で1つのユーザーに紐づく形で構成されます。
  • 個別権限とは別に、標準でアドミニストレータ権限を用意します。
    • アドミニストレータ権限は、全ての操作、全ての帳票の閲覧が可能となります。

2. 所属チーム

  • 所属チームの考え方は、所属している課など、業務上の所属組織をイメージしたものになります。
  • 帳票作成時に、表示権限のチームを選択することにより、所属組織内で閉じた帳票管理が実現されます。

3. 付与権限

  • アドミン、メンバー、オペレーター、ゲストの権限で構成されます。
  • 権限では、操作制限を管理します。
    • Read権限 あり・なし、Write権限 あり・なし
  • 権限による操作制限は、システム固定となります。

4. 各権限について

  • アドミン
    • すべての操作が可能となります。
  • メンバー
    • 全体に影響を与える操作(システム設定、シナリオver切替、リッチメニュー切替)、ユーザー管理等の操作以外が対象となります。
  • オペレーター
    • 外部委託を想定した操作権限を付与します。
      • 帳票の登録内容閲覧や、編集・カレンダーの予約枠数の閲覧のみとなります。
  • ゲスト
    • 基本的にRead権限のみとなります。