📗

全体件数取得

データ件数の分母表示はそのままでは1万件までしか表示されないため、帳票に1万件以上のデータが入っていて正確な数を知りたい場合、ここで説明する全体件数の取得を実行します。

1. 帳票選択

  • 追加型帳票を選択します。
  • ここでは84万件入っている帳票を選択します。

    image
  • 検索をクリックします。
  • image

2. 全体件数の取得

  • 「全体件数を取得」をクリックします。
  • image
  • ポップアップで「全体件数を取得」をクリックします。
  • image
  • 取得が始まると、ステータスが「取得中」になり、「総件数」の数字が大きくなっていきます。
  • image
  • 途中でやめる場合は「キャンセル」をクリックします。
  • ステータスが「中止」になり、その時点で取得している件数が分母に反映されます。(1,000未満は切り捨て)

    image
  • 取得が完了すると、ステータスが「完了」になり、件数が分母に反映されます。
  • 💡

    データが大量にある場合、数分かかる場合があります。 今回は840,010件を1分ほどで取得しました。

    image