📗

詳細設定:期間

詳細設定:期間について説明します。 ここではカレンダーの予約可能期間、予約受付開始のタイミング、予約・キャンセル・変更の操作条件の設定を行うことができます。

詳細設定

  • カレンダー設定からカレンダーを検索して詳細設定のボタンをクリックします。
  • image

  • 詳細設定の画面が表示されます。
  • image

1. 「期間」タブの表示

  • 詳細設定の「期間」のタブを表示します。
  • image

2. 公開設定:全期間

  • 全ての期間に対して設定を行う場合には、公開設定を「全期間」にします。
  • image

  • カレンダーに対する予約・キャンセル・変更等の操作に制限を加えたい場合は、何営業日前まで操作を制限するかの数字を入力し、「保存」をクリックします。
  • 例えば、「キャンセル・変更」に1を入力した場合、予約日の営業日1日前まではキャンセル・変更が可能になります。

    image
    💡
    制限を加えない場合は「0」にしてください。

3. 公開設定:期間設定

  • 特定の期間にのみ予約受付を行うようにしたい場合には、公開設定を「期間設定」にします。
  • image

  • 「予約可能日制御を追加」をクリックし、フォームを表示します。
  • image

  • 受付開始日、開始時間、公開期間を入力します。右側の×ボタンで削除ができます。
  • image
    💡
    受付開始日は「本日」を設定することができます。開始時間は現在時刻以降を入力してください。
    💡
    公開期間の開始日は「本日」から設定ができ、終了日は開始日以降を設定することができます。

  • 予約受付を行う期間を設定します。下図の設定では営業日の1日前から1ヶ月先まで予約の変更が可能となります。
  • image
    💡
    日数の指定は営業日です。カレンダーで休日指定を行うと、休日分が除外されます。

  • カレンダーに対する予約・キャンセル・変更等の操作に制限を加えたい場合は、何営業日前まで操作を可能とするかの数字を入力し、「保存」をクリックします。
  • 例えば、「キャンセル・変更」に1を入力した場合、予約日の1営業日前まではキャンセル・変更が可能になります。

    image
    💡
    制限を行わない場合は「0」にしてください。

  • 「予約可能日制御」は複数作成可能です。
  • image
    💡
    予約可能日制御を複数作成する場合は、公開期間の時間帯が重複しないように設定する必要があります。
    💡
    追加で設定する公開期間の開始日は、既存設定の終了日の翌日に設定する必要があります。

4. 保存

  • 「2.」もしくは「3.」の設定が完了したら、「保存」をクリックします。
  • image
    💡
    予約可能日制御を設定するときは、公開設定と予約受付の入力がされたときに保存ボタンが活性化します。

5. 実行済みの設定を削除

  • 「実行済みを削除」をクリックすると制御設定がすぐに削除されます。 右の×ボタンをクリックすると、「実行済み」のラベルが「削除」に変化し、その状態で保存ボタンをクリックすると制御設定が削除されます。
  • image