📗

CSVエクスポート(追加型)

追加型帳票にあるデータのCSVエクスポート方法について説明します。

1. 帳票選択

  • 追加型帳票を選択し、「検索」をクリックします。
  • image

2. CSVエクスポート

追加型帳票のCSV出力には、絞り込んだ条件で出力する方法と、必要なデータを選択して出力する方法の二通りがあります。

💡

概して、扱うデータが多い場合には前者、少ない場合には後者の方法が便利です。

条件に合うデータを全て出力する

検索エリアで設定した条件に当てはまるデータ全てを出力する方法です。データの検索と同様、「基本」「日付」タブを組み合わせて絞り込むことができます。

image
  • 条件を指定し、「検索」をクリックします。ここではワクチン接種用の帳票を用い、接種回数2回目、2021年8月20日以降の予約で指定します。
  • 💡

    「検索」をクリックしなくても絞り込みはCSV出力に反映されます。

    image
  • 「検索条件のCSV出力処理」をクリックします。
  • image
  • ポップアップが表示されるので、任意の選択肢を選び、「処理」をクリックします。
    • image
    • 表示中の項目のみ:表示するよう設定した項目のみを出力
    • 全ての項目:表示項目に関わらず、全ての項目を出力
    • 「処理」をクリックすると、「検索条件のCSV出力処理」ボタンがローディングシンボルとともに灰色になります。

      image
  • 「検索条件のCSV出力処理」ボタンが元に戻ったら、「通知情報」をクリックします。
  • image
  • ポップアップが表示されるので、「CSVエクスポート」のタブを選択します。
  • ステータスが完了になっているのを確認し、「ダウンロード」をクリックします。

    💡

    ダウンロードできるのは出力処理を開始してから15分間です。また、ダウンロードできるのは出力を実行したユーザーのみです。

    image

必要なデータを選択して出力する

出力したいデータを選択して出力する方法です。

  • 出力したいデータの左側にあるチェックボックスをクリックします。
  • image
    • 一番上のチェックボックスをクリックすると、一括選択・一括選択解除ができます。
    • 💡

      一括選択の対象は表示されているデータのみであり、他のページがある場合、そちらのデータは選択しないことにご注意ください。

      image
  • 「CSVエクスポート」をクリックすると、選択したデータの出力、ダウンロードが始まります。
  • 💡

    歯車アイコンでの表示設定に関わらず、全ての項目が出力されます。

    image