📗

リッチメニューの作成

「リッチメニュー」タブからリッチメニューの作成、修正、削除を行うことができます。

1. シナリオ設定 > リッチメニュー > 新規作成 をクリック

  • リッチメニューも「本番」、「サンドボックス」の2つがあり、作成、修正、削除の方法は同じです。
  • image

2. メニュー名を入力し、「作成」をクリック

  • 作成するリッチメニューのタイトルを入力します。
  • image

3. 表示されている各項目を入力し、「保存」をクリック

  • タイトル:「メニュー名」に入力したものが反映されています。
  • テンプレートタイプ:大と小がありどちらで表示するかを選択できます。
    • 大:大きめの画像を使用する際に選択するとキレイに表示されます。
    • 小:小さめの画像を使用する際に選択するとキレイに表示されます。
  • リッチメニュー画像を選択:リッチメニューに使用したい画像をアップロードすることができます。
  • デフォルトでメニューを表示:LINEでチャットを開くときに最初からリッチメニューを表示するかどうかを選択できます。
  • トークルームのタイトルバー名:LINEのチャットでリッチメニューを表示したり非表示にしたりできるバーの名前を設定できます。
  • プレビュー:アップロードした画像が表示されるので、その画像上でドラッグ&ドロップを行いボタンのアクション範囲を設定することができます。
image

4. プレビューでアクション範囲を指定

  • タイプ:「テキスト」「リンク」「ポストバック」「リッチメニュー」の4つがあり、目的に応じて使い分けます。
  • タイプ
    概要
    テキスト
    LINEにてアクション範囲がタップされた際に、テキスト入力欄に記載した文字を出力します。
    リンク
    LINEにてアクション範囲がタップされた際に、リンク入力欄に記載したリンク先に遷移させます。帳票のLIFF URLを記載することで予約帳票へ案内することもできます ※ リンク入力欄でURL形式以外を入力するとエラーが表示されます。
    ポストバック
    シナリオ設定で有効にしているバージョンのトーク内にあるメッセージIDを「データ」に入力することで、テキスト入力欄に記載した文字でLINEにてアクション範囲がタップされた際に、シナリオを開始することができます。
    リッチメニュー
    アクション範囲がタップされた際に、他のリッチメニューに切り替える事ができます。メニュー選択欄で、切り替え先のリッチメニューのタイトルを選択します。
💡
リッチメニューのメニュー選択欄には、Ver1.15.0リリース以降に新規作成、編集、防災モードの切替を契機に切り替えられたリッチメニューのみが表示されます。
  • 削除:記載されているアクションを削除することができます。※確認ダイアログは表示されずに削除が実行されるので注意が必要です。
  • アクション範囲のサイズと位置を、x・y・横・縦それぞれ数字で設定することができます。
image

5. リッチメニューを登録

  • 画面左上の数字は、登録されているリッチメニュー数です。
  • 編集:4の画面が開き、修正を行うことができます。
  • 適用:通常 / 災害時モードのリッチメニューに設定することができます。
image